まつ毛が抜けてしまいやすいメイク

まつげが濃くて長いと、目が大きく見えるので目もとの印象がとても良くなりますよね。反面、まつげが乏しくて短いと、目も小さく見えてしまってメイクがキマりません。「子供の頃はまつげが長くてふさふさだったのに、最近、まつげが抜けて残念な目元になっている」と感じる女性も多いと思います。そこで、まつげのが抜けてしまいやすいメイクについて解説します。まつげが抜けてしまうメイクは、ウォータープルーフのアイラインやマスカラ、つけまつ毛などで目元に負担をかけているという場合が多いです。どうしても、最近の主流のメイクは、目にポイントをつけるので、まつげの長さや量を増やしたいと思ううちに、逆に自分のまつげを減らしてしまうのです。また、加齢によっても徐々にまつげが抜けてしまうので、さらに追い討ちをかけてまつげが少なくなっていく気がするんですね。さらには、強力なマスカラを落とすためには、かなりの圧力でクレンジングをしていると思いますが、クレンジングもまつげが抜ける原因のひとつになっています。様々な負担をかけることで、まつげはどんどんとぼしくなってしまうのです。

コンタクトレンズ洗浄機おすすめアイテム